公益社団法人 全国経理教育協会 ZENKEI

社会福祉会計簿記認定試験

社会福祉会計簿記認定試験とは

共催 
 
社会福祉会計法人に携わる人々が、業務に必要な専門知識を学ぶことで 財務のスペシャリストを目指すための認定試験です。社会福祉法人会計は企業会計とは大きく異なる会計であり、 その特殊性に配慮した勉強がかかせません。

社会福祉会計簿記認定試験の経緯

2005年12月3日、第1回社会福祉会計簿記認定試験を実施、以後、年1回の施行。 令和元年より、一般財団法人 総合福祉研究と公益社団法人 全国経理教育協会との共催となりました。

試験日時

第15回
2019年12月1日(日)全国一斉
試験時間
初級 10時00分(120分)
中級 14時00分(120分)
上級(簿記会計) 10時00分(120分)
上級(財務管理) 14時00分(120分)
※試験会場によっては、開始時間が異なる場合がありますので、ご注意ください。

試験会場

全国各地 ※詳しくは総合福祉研究のHPをご覧ください。

合格基準

100点満点中70点以上を合格とする。 ・各級各科目とも、設問のうち一つでも0点の大問がある場合には不合格とする。 ・上級は2科目(簿記会計、財務管理)共に合格された場合に「上級合格」となります。 ・上級で単科のみ合格した場合には、第17回試験までその資格を有効とします。

試験資格

制限はありません。

受験料

受験料
初級 6,480円(税込)
中級 8,640円(税込)
上級2科目受験 17,280円(税込)
※単科受験 10,800円(税込)
※申込後の受験級の変更・取り消し・返金はできませんので、ご注意ください。

合格発表

合否発表

マイページから閲覧してご確認いただけます。 【初級、中級、上級各科目】2020年1月中旬予定

合格証書

合格者には合格発表後に合格証書を発行、送付いたします。 【初級、中級、上級各科目】2020年1月下旬予定

試験規則

試験範囲

※今年度の問題は、平成30年3月20日現在の会計基準省令(平成28年厚生労働省令第79号)及び 関連通知に基づいて出題します。
初級 社会福祉法人会計 簿記テキスト《入門編・初級編》
中級 社会福祉法人会計 簿記テキスト《中級編》
上級(簿記会計) 社会福祉法人会計 簿記テキスト《上級(簿記会計)》
上級(財務管理) 社会福祉法人会計 簿記テキスト《上級(財務管理)》
※正誤表は総合福祉研究のHPをご覧ください。 テキストのご案内

受験データ

平成30年度

第14回社会福祉会計簿記認定試験 試験結果
受験者数(人) 合格者数(人) 合格率 平均点(点)
初級 533 393 73.7% 77.8
中級 524 211 40.3% 63.8
上級(簿記会計) 151 35 23.2% 54.6
上級(財務管理) 106 29 27.4% 56.4

第14回社会福祉会計簿記認定試験 第14回試験解答速報